大きなあざを保護して受け取る半透明テープ

最近寝たきりの祖父は、ベッドの柵によ上肢やひざをぶつけます。高齢で血管がもろくなっているのですぐに大きなあざができてしまいます。

先日知ったのですが、あざを保護するための半透明のテープがあるみたいです。定期的に来て頂ける入浴特典のスタッフの中にナースくんが1名いるのですが、素の方があざを見つけると貼っておいて頂けるのです。

テープはカードぐらいのがたいなので、大きめのあざができたときも安心です。見ている以上はがれづらいようなので、毎日インナー貼りっぱなしも大丈夫です。あざが癒えるのを早めるといった効果はなく、あくまでも収納目的のテープだ。

祖父がちょこちょこ気になってはがそうとするのが参るのですが、今のところはがしてしまった事はありません。祖父には一旦あざを作らないようにやるだ。

痛みに鈍感なので、どこかにつよくぶつけても「ぶつけた、つらい」と認識していないようです。そのため気が付いたらあざだらけになっているという事もよく。「そのあざ、どうしたの?」と聞いても祖父は「わからない」というだけです。

収納テープがあるとはいえ、さほど頻繁にあざを作られるとアシスタントくんやショートステイのスタッフに乱暴を疑われるので非常に困ります。肝臓が悪い!?しじみが良いというのは本当ですか?