虫歯の原因の一つは父兄におけると聞きます。

小児の虫歯といえば、甘味を満載食べてハミガキをしないなどと思われがちですが、本当は虫歯の原因には親という話を聞いたことがあります。

というのは、小児がベイビーのときに離乳食を食べさせる年代になると親は口移しで小児に食べさせるというのをぐっすり聞きます。離乳食でまた固形品物がうまく食べられないベイビーだと憧れ親が先にベイビーの離乳食を食べて口の中で柔らかくしてから小児に食べさせるという機能、これが一番の小児の虫歯の原因といわれています。

ですので、虫歯になる小児という虫歯のない小児は親が離乳食のときに口移しで与えたかどうかというのも大きな理由になると思います。

そう考えるとうちの小児は虫歯がありません。今は中学校ですが、離乳食のときに口移しで食べさせたというおみやげがないからだ。確かに手ぬるい甘味を食べて丸々寝入るという機能も虫歯の原因になると思います。

親に虫歯がなければ小児も口移しでもらっても大丈夫かと思います。ですが、親に虫歯がある状態で小児にあげるって小児も虫歯になり、つらい見立てをしなければなりません。

そうならないために、どうにか子育てを通して行く女房手法には正邪、離乳食のときなどは完全に形のないものを小児にもっぱら与えることが虫歯にならないためにはいいかと思います。夏だけじゃない。動き回る仕事は汗をかく。汗のにおい対策は万全ですか?